木下卓球アカデミー

スタッフ紹介

運営スタッフ

渡邊隆司

渡邊隆司

GM 兼 男子監督

経歴

2003年、中央大学文学部を卒業後、当時としては珍しかった海外リーグ(スウェーデンリーグ)を経験。帰国後は当時日本リーグで日本一だった東京アートでプレー。現役引退後、2008年から財団法人日本卓球協会に進み、JOCエリートアカデミー創業メンバーとして参画。1期生より世界で活躍できる選手育成に尽力しJOCエリートアカデミーの礎を築いた。また男子ナショナルチームコーチ、男子ジュニアナショナルチームコーチ、男子ホープスナショナルチームコーチも兼任。2017年からはJOCエリートアカデミーや男子スタッフを離れ、女子ナショナルチームコーチ、女子ジュニアナショナルチーム監督、女子ホープスナショナルチーム監督を兼任し、日本代表の最前線で指揮を執った。2021年1月より木下卓球アカデミーゼネラルマネジャーに就任。

資格

JOCナショナルコーチアカデミー修了
日本スポーツ協会卓球コーチ4

トップへ戻る